電子工学科ホーム教員情報 > 木村 光照教授

木村 光照 教授 (電子デバイスI)

肖像
木村 光照(きむら みつてる)
学位 工学博士
専門 半導体工学、センサ工学
所属学会 電気学会、応用物理学会、電子情報通信学会、応用磁気学会、IEEE(米国)
趣味等 ウォーキング、園芸
担当科目 電子工学実験III・IV、応用数学IV、応用統計学I・II、電子工学セミナー、卒業研究I・II
Web 木村研究室

研究テーマ

MOSゲートトンネルトランジスタの研究、テラヘルツ波発生ダイオードの研究、超小型磁気トランジスタの研究、カンチレバ型磁気センサの研究、酵素反応型バイオセンサの研究、マイクロエアブリッジを用いた気体センシングの研究、電流検出型熱電対の研究、コードレス光電池の応用の研究、光導波路ディスプレィの研究

経歴

1961(昭和36)年3月 秋田県立横手工業高等学校電気科卒業
1961(昭和36)年4月 理研光学工業株式会社(現在の(株)リコー)入社
1963(昭和38)年3月 同社 退社
1963(昭和38)年3月 電気通信大学電気通信学部電子工学科入学
1967(昭和42)年3月 電気通信大学電気通信学部電子工学科卒業
1969(昭和44)年3月 東北大学大学院工学研究科修士課程電子工学専攻修了
1974(昭和49)年3月 東北大学大学院工学研究科博士課程電子工学専攻 修了
工学博士 東北大学
1974(昭和49)年4月 東北学院大学工学部電気工学科 講師
1976(昭和51)年4月 東北学院大学工学部電気工学科 助教授
1986(昭和61)年 米国カリフォル二ア大学バークレー校化学工学科 客員教授
1988(昭和63)年4月 東北学院大学工学部電気工学科 教授
2006(平成18)年4月 東北学院大学工学部電子工学科 教授

業績

特許等

  • トランジスタサーミスタの発明:「温度測定装置、熱型赤外線イメージセンサ及び温度測定方法」(科学技術振興事業団より出願、特許第3366590号(トランジスタサーミスタと命名)」企業で製作中
  • ダイオードサーミスタの発明:「温度測定装置、熱型赤外線イメージセンサ及び温度測定方法」(科学技術振興事業団より出願、PCT出願(PCT/JP01/00080):日本(特許第3583704号)、米国(特許第6851849B2号)、韓国(特許第0440509号)、ヨーロッパ(特許第EP1248088A1号))(ダイオードサーミスタと命名) 企業で製作中
  • 極薄型ディスプレイ装置の発明:「ディスプレイ装置」(科学技術振興事業団よりPCT出願、国際出願番号 PCT/JP03/01867;2003.Feb20)
  • 薄膜真空センサの発明:「気体センシングシステムとこれを用いた温度センサ」 特願 2003-076619, (科学技術振興事業団から出願 2003年3月19日)企業で製作中
  • トンネルトランジスタの発明“MOS Gate Schottky Tunnel Transistor and an Integrated Circuit using the Same” 米国特許:USP 6353251B1(Mar.52002)
▲このページの先頭へ